<伊勢神宮初参拝>

伊勢詣りへ。

伊勢神宮は、皇室の御祖神をお祭りする神社として、

また日本人の総氏神的な存在として、

崇高な場所(聖地)とされています。

 

内宮と外宮のお宮を中心に125社の総称で、

内宮には、日本の総氏神の天照大御神が祀られています

 

早朝の伊勢は、その神々しさと清々しさに、

こんな神聖な場所があったのか、と言葉にできない感動がありました。

 

別次元の世界に入り込んだような感覚。

 

伊勢神宮は、私たち日本人にとって、

やはり特別な場所ですね

 

静寂な中に、鳥の鳴き声が響いていました。

 

 

正宮の中は撮影禁止。

 

一般では正宮入り口の御簾の前での参拝になりますが、

 

今回は垣内参拝(正式参拝)で、

天照大御神が鎮座しているという聖域の正殿前まで進みました。

 

一礼の際には、

辺りの音が消えて、

フラッシュを焚いたように正殿が光輝いて。。

 

神様の前でお伝えしたこと、それは、、

 

感謝の想い でした。

 

*前々から念願だった伊勢まいりに来れたこと

*日本人としてのほこりを心で感じたこと

*風水を学び仲間といっしょに参拝できたこと

*朝日を拝みながら、皆で火入れ一番の赤福を食べたこと

 

 

 

今回の伊勢詣りでは、

*自分がすでに手にしている、満たされていることに気づく

*今、持っているモノに感謝し、日々生活していく。

*無理をせず、遠慮しないで、自分らしく生きればいいこと。

 

等のメッセージを受け取りました。

 

貴方も私もすでに豊かさを受け取っている

思うとおりに生きればいいこと

 

なんだか鎧を身に着けていた心が軽くなりました

 

また今回引率してくださった、大和宮司さんから、

<他者の想いが重なる大きな願いごとほどかないやすい>

というお話しを伺い、

一人一人の想いが集まると、個のエネルギーとは比較にならないほど

強力になることも肌で感じました。

 

 

今回の伊勢で思ったこと。

私自身の器を大きくして、

もっと広くまわりに愛情を注げるようになること

 

伊勢神宮の神々しさと清々しさから

とても大切なことを再認識しました

実際に聖地を訪れたことで、体感できました

 

 

ないものを数えるのではなく、いつも感謝して日々を生きる

感情をコントロールして

穏やかに生きることで豊かさを受けとれる。

 

 

五十鈴川でお清めしたブレスレット。

ピカピカになりました。

 

身も心も浄化した感じです。

 

 

伊勢まいり、是非行ってみてくださいね。