いつもブログをみにきてくださり、

ありがとうございます。

 

TBSドラマ5夜連続、山崎豊子原作

「白い巨塔」

ご覧になったでしょうか。

 

大学病院の医局で行われる人間ドラマなんですが、

 

岡田准一さん演じる野心家の財前教授と

その対極の人柄を演じる里見医師を松山ケンイチさんが熱演。

 

岡田准一さんの怪演がすごかったですね。

 

以前、唐沢敏明さん主演での

ドラマもみたのですが、

脚本やキャストが違うと

趣がかなり異なります。

 

財前教授の愛人<沢尻エリカ>が

ライバルの里見医師と財前教授のことを

「里見先生は

患者のために患者を救う

貴方<財前教授>は

自分のために患者を救う」

と言われ

核心をつかれて顔色を変える

財前五郎。

 

異例の速さで准教授→第一教授の地位に昇りつめ

国際的な外科医として華々しくデビューした彼は、

 

もっと人に寄り添うことができれば

訴えられることもなかっただろうし

 

ちょっとした傲慢さが

全てを壊してしまい

 

また自らがガンで

死を迎えるという

残念な結末に。

 

最終回は壮絶な演技に

震えました。

 

彼は自分がガンになったことで

患者の気持ちにはじめて気づき、

 

彼なりに医療に対して真摯に向き合って

患者の治療をしてきたことに対し

 

「病に苦しむ人を治療し

その生命を紡ぐ医師として

人生を全うできたことを誇りに思う」

との手記をのこして

旅立っていったのでした。

 

 

このドラマをみて

 

実社会でも

上手くいっている人は

人を大切にするし

わけへだてしない人が多いです。

 

 

能力があっても

裏表があったり

人によって態度を変えたりする人って

結局、

人にした仕打ちが自分に返ってくる

ブーメラン現象が起こります。

 

常に謙虚に

社会に貢献する気持ちを

忘れないようにしたいです(#^^#)

 

皆が自分のミッションを全うできれば

生きやすい世の中になるんじゃないかな

 

と思います。

 

はっとするようなセリフや

色々なメッセージがあり、

とても見ごたえのあるドラマでした。

 

※こちらのつつじは

近所の大学病院のお庭に咲いていたものです。