いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

<ボイントンキャニオン>

 

 

セドナには、

<ボイントンキャニオン>という

ネイティブアメリカンが人類発祥の地として

崇めたひときわ神聖な場所があります。

 

 

 

女性性を司るカチーナウーマンロックと

男性性を司るウォリアー(戦士)が

向かい合うようにそそり立っています。

 

女性性と男性性、

両方のエネルギーが渦巻く

とくにパワーの強い場所です。

 

現地のガイドさんから、

このボイントンキャニオンの

自然とスピリット(精神)を守る活動をしている

ジョンさんというヒーラーの方がいて、

彼は、

このボルテックス(岩山)に入ってくる

登山者に、

この岩山で削ったエネルギーのあるハートの石を

プレゼントしてくれる。

 

ジョンさんに会って、

ハートの石を受けとった人は

幸運になれる、

と事前に聞いていました。

 

果たして、

ジョンさんに会えるのか。。

 

 

カチーナウーマンのふもとまで近づいたとき、

ハロー、ごきげんよう

と声をかけてきた男性がいました。

ジョンさんです。。

 

 

↑ハートの石をいただきました。

 

嬉しい!ついてる!

 

ボイントンキャニオンの岩を

ていねいに削ってつくった

ハートの石

 

ありがとうございます。

 

彼のたて笛の音がこだまする中、

岩山を下山したのでした。

 

 

 

カチーナウーマンは、

安産や子宝の神様とも崇められ

写真でわかるように

女性が赤ちゃんを抱っこして

天を仰いでいる姿のようにみえます。

 

この岩山にへばりつくように

登ってみましたが、

何も言えないくらい

壮大な景色でした。

 

 

 

ボイントンキャニオンは

たしかに強烈なエネルギーとパワーが

渦巻いている場所でした。

 

このブログをご覧いただいた方にも

届きますように。